• ホーム
  • てんかんは胎児へ遺伝する?

てんかんは胎児へ遺伝する?

てんかんは、遺伝する可能性はかなり低い病気といわれています。
ただ、家族性本能性ミオクロオーヌスてんかんや歯状核赤核淡蒼球ルイ体萎縮症、ミトコンドリア脳筋症などは、遺伝の傾向があると考えられています。

母親がてんかんの症状を持っている場合、胎児に遺伝するのではないかと不安に思っている女性も少なくありませんが、てんかんを持っていたとしても、多くの女性が妊娠や出産を経験していますし、いくつかのポイントに気をつけていれば、問題なく妊娠、出産することは可能です。
また、てんかんを持っている母親から、胎児に遺伝するということはほとんどありませんから、心配する必要はありません。
ただ、妊娠中に発作を押さえる抗てんかん薬を多量に摂取した場合、胎児に悪影響を及ぼすことがありますから、十分注意が必要です。

てんかんの持病を持っている女性は、抗てんかん薬についてもっとも注意をする必要があります。
発作の程度や症状などによって、発作を抑える抗てんかん薬は異なります。
薬によって効果的に発作を抑えることができますが、複数の薬を飲むことで、血中の薬の濃度が上がってしまい、胎児に悪影響を与えてしまう可能性も考えられます。
特に、妊娠初期には、いろいろな臓器ができあがっている大切な時期で、薬の影響を受けやすく胎児の奇形があらわれやすいと言われています。
そのため、てんかんの持病があり妊娠を希望している場合には、妊娠をする前に適切な対策をとることが大切です。

対策としては、影響の少ない薬に変更したり、複数の薬を飲みあわせている場合には、1種類に変えるなど、医師と相談しながら決めていくとよいでしょう。
ここで注意しないといけないことは、赤ちゃんに影響があるからといって、抗てんかん薬を勝手にやめてしまうということは危険です。
もし妊娠中にてんかんの発作が起こってしまった場合、うまく呼吸ができなくなることもあります。
そうなると、必要な酸素が胎児に送られなくなってしまったり、倒れた時にお腹をぶつけてしまう危険性もありますから、自己判断で薬の服用をやめるということはしないようにしましょう。

自分の子供がてんかんの場合はどう付き合えば良い?

一般的なてんかんは、遺伝要因と環境要因によって発症する多因子疾患と考えられています。
現在の医学では、てんかんが遺伝する可能性はきわめて低いということが明らかになっていますが、4~6パーセント程度で子供がてんかんを発症すると言われています。
もし、子供に遺伝するか心配な場合には、遺伝カウンセリングに相談してみるとよいでしょう。

遺伝カウンセリングというのは、患者や家族のニーズに対応する遺伝的情報およびすべての関連情報を提供して、正確で最新の情報に基づいた、偏りのない遺伝医学の知識や情報を伝えてくれます。
また、遺伝子や染色体などを詳しく説明し、心配な病気が子供に遺伝するかどうかをアセスメントしていきます。
もし子供がてんかんのような発作が数回起きた場合には、病院で検査を受けるようにしましょう。
てんかんの診断は、脳の活動をみる脳波検査や尿、血液検査、問診によって行います。
子供がてんかんと診断された場合には、抗てんかん薬で発作を抑えて、脳の発達を妨げないようにしていくことで、完治する可能性が高くなります。

薬は10種類以上ありますが、発作の様子や脳は検査などの結果を参考に、医師が選んで処方していきます。
ただ、抗てんかん薬は長期的な服用が必要で、最後の発作から2~4年の間に発作がなかった場合や、脳波の異常が2年以上みられない場合などの条件を満たさない限り、薬は服用し続ける必要があります。
発作がしばらく起こっていないからといって、患者が自己判断で薬の服用をやめてしまうと、また発作が再発してしまう可能性もあります。
薬の効果が十分でなくなり、危険が増えてしまう可能性もありますから、十分注意が必要です。

関連記事